FC2ブログ

JIN'S ROOM

こちらは、主に女性への当身、腹パンチ、拉致、凌辱をメインとする小説家のブログです。 18歳未満の方、現実と妄想の区別のつかない方のご利用はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ケータイ版「防諜~女スパイは愛に燃える~」発売中!

先日、PC版発売の告知をさせていただきましたが、おとといから電子書店パピレスのケータイ版でも発売になりました。

正直、キャッツエデン後篇の「闇の拳」の売れ行きがイマイチなので、これは、がんばらねばならないところ。

なかなか出足は好調なのですが、どうなることやらです。

本作に出てくる「昭和通商」という会社は、この時代、ほんとうに日本橋にありました。

お読みいただいた方にはおわかりですが、ブラックそのものの会社でした。

やっていることもブラックですし、なにより、全員、お互いの本名を知らない。

しかも、それが国家ぐるみでやっている。

中野学校以前から存在していて、中野学校の前身と言われることもほんとうです。

この「黒さ」を使わせていただこうというのが、執筆の原点でした。

そんな会社に就職してしまった主人公が、ソ連の尖兵を相手に、凄腕のスパイとしての片鱗を見せていく、という本作。

今、個人的にいちばん好きな作品です。

ひさしぶりに、続けて書いてみたいと思える作品でもあります。

ご愛顧くださりますようお願いいたします。
  1. 2013/02/27(水) 15:48:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

PC版「防諜 ~女スパイは愛に燃える~」発売中!

軍部の独走が政治を呑み込み、無力化させていった時代。

しかも、まだ、太平洋戦争には突入していない。

その時代に暗躍した有名なスパイ組織がありました。

映画化もされ、シリーズ化されたほど人気を博したその組織にヒントを得て、それを当身ワールドにデコレートしたのが本作です。

いろいろ勉強して、しっかり書いたつもりなのですが、入稿後、大きなミス(兵学校と書くべきところ、士官学校と書いてしまいました)を発見し、血の気が引いたりもしました・・・。

しかし、この時代は、ほんとうに暗く、スリリングで、江戸時代並みに当身、拉致という技が挿入しやすい、と書きながら再認識しました。

ものすごく気に入っている作品です。

よろしければ、ご高覧下さいませ。

http://www.papy.co.jp/act/books/1-208679/
  1. 2013/02/22(金) 22:37:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新作、近日発売!

199456_01_1_L.jpg


電子書店パピレスで、拙作「闇の拳」シリーズがライトノベルあつかいになり、驚愕しているJINでございます。

ライトノベルといえば、少年少女の読書への入り口。

それがレオでいいのか、と少々、不安になっております。

ところで、今月中に新作がパピレスにて発売になりそうです。

時代小説などを除き、当身が似合う世相を探していて、戦前の昭和に行き着きました。

発売されましたら、また、こちらでご紹介いたしますが、軍事、政治をバックに当身を展開していく楽しさを、書きながら満喫できました。

自作ながら、なかなか気に入っています。

表紙絵も最高です!
  1. 2013/02/19(火) 22:47:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ケータイ版&PC版 「闇の拳 第3巻~偽りの世界篇~」発売中!

前作「天空の画廊篇」で、杏を拉致された舞と黎。

長編にしようと思ったから・・・というのは、作者の思惑ですが、ストーリー的に、というより、レオ的に、なぜ、いっきに三姉妹を拉致してミッションを完了させなかったのか、という疑問はありますよね。

http://www.papy.co.jp/act/books/1-205591/

はっきりとは書かれていませんが、レオは、三女の拉致をもって警告に留めようとしたようです。

いくら中途半端な怪盗を気取っているからといって、あの時点では、レオに、彼女たちへの怒りはなかったでしょう。

だから、ひとりだけを拉致することで、ほかのキャラクターへの警告に留めた。

ところが、舞と黎の心には、レオへの愛憎が根付いてしまっている。

これによって、レオへの執着、互いの敵対は決定的になり、ふたたびレオに挑もうとしてしまったわけですね。

もはや、レオには躊躇すべきなにものもありません。

インクナスの名のもとに、断固たる処分を下す時です。

キャッツ・エデン篇の終末的な結末を、どうぞお楽しみください。
  1. 2013/02/02(土) 08:10:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

JIN

Author:JIN
当身、腹パンチ、拉致、凌辱などのサディズム、マゾヒズムをアダルト小説として電子出版していただいているJINと申します。

以前、ネット上に掲載していただいた作品群をここにまとめ、作者の紹介といたします。

闇の拳
http://www.net-web.ne.jp/fris/yaminoken.htm

闇の拳2
http://www.net-web.ne.jp/fris/yaminoken2.htm

闇の拳3
http://www.net-web.ne.jp/fris/yaminoken3.htm

このような性癖をお持ちの皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (28)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。