FC2ブログ

JIN'S ROOM

こちらは、主に女性への当身、腹パンチ、拉致、凌辱をメインとする小説家のブログです。 18歳未満の方、現実と妄想の区別のつかない方のご利用はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ケータイ版&PC版 「闇の拳 第3巻~偽りの世界篇~」発売中!

前作「天空の画廊篇」で、杏を拉致された舞と黎。

長編にしようと思ったから・・・というのは、作者の思惑ですが、ストーリー的に、というより、レオ的に、なぜ、いっきに三姉妹を拉致してミッションを完了させなかったのか、という疑問はありますよね。

http://www.papy.co.jp/act/books/1-205591/

はっきりとは書かれていませんが、レオは、三女の拉致をもって警告に留めようとしたようです。

いくら中途半端な怪盗を気取っているからといって、あの時点では、レオに、彼女たちへの怒りはなかったでしょう。

だから、ひとりだけを拉致することで、ほかのキャラクターへの警告に留めた。

ところが、舞と黎の心には、レオへの愛憎が根付いてしまっている。

これによって、レオへの執着、互いの敵対は決定的になり、ふたたびレオに挑もうとしてしまったわけですね。

もはや、レオには躊躇すべきなにものもありません。

インクナスの名のもとに、断固たる処分を下す時です。

キャッツ・エデン篇の終末的な結末を、どうぞお楽しみください。
  1. 2013/02/02(土) 08:10:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<新作、近日発売! | ホーム | ご無沙汰をしてしまいました。>>

コメント

読みました

「闇の拳 第3巻~偽りの世界篇~」読みました。
やはりレオの圧倒的な強さがいいですね。
3姉妹もよく頑張ったと思いますが。舞はエテルナ
に所属する女性達と同程度の実力があるのかなと思いました。

インクナスに所属する女性当身師も気になりますね。インクナスとエテルナに所属する女性対決
なんていうのも見てみたい気がします。
やはりそれでもインクナスのほうが上なんで
しょうかね。勝手に妄想してすいません。
  1. 2013/02/04(月) 00:38:47 |
  2. URL |
  3. TYM #-
  4. [ 編集 ]

TYMさんへ

いつも愛読していただき、感謝いたします。

インクナスVSエテルナの対決は、レオだから勝っている、というところでしょうね。

それでも、総体的には、やはり、エテルナの分は悪いでしょう。

ただ、この対立は、このシリーズの大きな軸なので、大切にたいところです。

作者がもう少し筆まめならば、外伝などで同じレベル同士の死闘などを描くところでしょう。

また、いつかレオが活躍する物語を書きたいと思っています。

今後ともご愛顧の程、お願いいたします。
  1. 2013/02/04(月) 07:14:43 |
  2. URL |
  3. JIN #CTh4e51.
  4. [ 編集 ]

TYMさんの仰るとおり、
闇拳シリーズ中では、三姉妹はかなり善戦したと思います。

でも、かなり早い段階で三姉妹の絆が壊れてしまっているので、
この時点で、すでにレオには負けていたのかもしれません・・・

闇拳シリーズを読んで思うのですが、
レオに屈していく女性たちに同情してしまうと、
もうそれ以上闇拳シリーズを読めなくなってしまうんですよね・・・

こういう非常に辛い選択を読者に強いる作者のJINさんは、
本当に酷いと思います!w

レオの次なる活躍を描いた作品を楽しみにしております^^


>TYMさんへ
TYMさんとぜひお話がしたいのですが、
メールアドレスを教えて頂くことはできますでしょうか?
  1. 2013/02/07(木) 20:14:13 |
  2. URL |
  3. マロン #oudUbUjk
  4. [ 編集 ]

マロンさんへ

お読みいただきありがとうございます。

三姉妹と戦うには、大きく分けて、二種類の戦術があったはずですが、レオは、はじめから、そのうちのひとつ、つまり、直接三姉妹を同時に拉致する選択肢を捨てています。

そこに、レオの三姉妹への真の憎悪を託しました。

遊び半分で中途半端。
快楽犯罪としか言いようのない三姉妹の悪。

その甘さを彼女たちの骨の髄まで教え込み、冷たく凍らせ、死よりも恐ろしい絶望に叩き込む。

そのためにレオはあえて複雑な手法を取り、三姉妹を絶対に信じあえない状態に追い込み、拉致した。

当身、腹パンチという卑劣な技をきわめたレオならではの、極限的な卑劣を描こうと思いました。

「闇の拳」という作品は、第1作から不変のテーマがありまして、純粋悪とはどのようなものか、ということです。

今後も本シリーズを書きつづけるとすれば、それを追求することになるでしょう。

でも、まだ、ぜんぜん未定です・・・。
  1. 2013/02/07(木) 23:29:08 |
  2. URL |
  3. JIN #CTh4e51.
  4. [ 編集 ]

マロンさんへ

ぜひこちらのメールアドレスにお願いします。
  1. 2013/02/09(土) 00:00:27 |
  2. URL |
  3. TYM #-
  4. [ 編集 ]

TYMさんへ

ありがとうございましたm(_ _ )m
さっそくメールを送らせて頂きました。
  1. 2013/02/09(土) 09:44:52 |
  2. URL |
  3. マロン #oudUbUjk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jinnovelist.blog.fc2.com/tb.php/24-400f8a53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

JIN

Author:JIN
当身、腹パンチ、拉致、凌辱などのサディズム、マゾヒズムをアダルト小説として電子出版していただいているJINと申します。

以前、ネット上に掲載していただいた作品群をここにまとめ、作者の紹介といたします。

闇の拳
http://www.net-web.ne.jp/fris/yaminoken.htm

闇の拳2
http://www.net-web.ne.jp/fris/yaminoken2.htm

闇の拳3
http://www.net-web.ne.jp/fris/yaminoken3.htm

このような性癖をお持ちの皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (28)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。