FC2ブログ

JIN'S ROOM

こちらは、主に女性への当身、腹パンチ、拉致、凌辱をメインとする小説家のブログです。 18歳未満の方、現実と妄想の区別のつかない方のご利用はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひさしぶりに更新を

大変なご無沙汰になってしまいました。

昭和初期を舞台にした作品を上梓してから、だいぶ時間が経ちました。

今は、充電中という日々です。

今日は、ぼくが書きたい作品は、こういう小説である、というドラマの視聴感想です。

THE FALL 警視ステラ・ギブソン
http://www.superdramatv.com/line/thefall/

このドラマは、初回から犯人がわかっています。

犯人は、スペクターという男。
職業は、グリーフ・カウンセラー(悲嘆のカウンセラー)。
若く、肉体トレーニングに余念がない。
平凡で安定した家庭を営んでいます。

しかし、抑圧された精神を持ち、異常なまでに寡黙。

その日々の何気ない時間の中でターゲットを物色し、完璧な殺しを実行していく。

被害者は、全員、専門職・高学歴の美女ばかり。

彼にとって、殺人は、セックスそのもの。

殺害方法は、絞殺。

第4話では、事件を追うステラ・ギブソン(主演ジリアン・アンダーソン)が、あるレイプ被害者から、こんな言葉を聞きます。

「意識のない女を愛する経験をしたかった」

昏睡、クロロ、首絞めそして当身。

共通するのは、意識がないという部分です。

意識を奪い、犯す。

美しくアンニュイなステラの、その供述を聞いた時の無表情が、じつによいのです。

抑えた映像表現ですが、全編に渡って、ものすごいエロスが薫ります。

次に書くならば、こういうものかな、と思いました。

今、思いつくままに書いている作品もあるのですが、なかなかかたちにならず、困っていました。

そんな時に出会った、この海外ドラマ。

いつになるかはわかりませんが、これを書く時こそは、かたちにしたいと思っています。
  1. 2013/08/28(水) 18:55:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
| ホーム | ケータイ版「防諜~女スパイは愛に燃える~」発売中!>>

コメント

こんばんは。お久しぶりです。
こちらこそご無沙汰していました。
何かコメントを書こうかなとも思ったのですが。

JINさんお元気そうで何よりです。
休養は大事ですよね。そこからまた新たな
エネルギーが湧き出てくるのでしょうね。

そんな海外ドラマがあったのですか。
なかなかフェチな作品ですね。まさに僕に
とっても当身はセックスと同じです。

当身が奏でるエロいハーモニーを
JINさんがどのように表現するのか
とても楽しみにしています。

JINさんにはご自分のペースでこれからも
頑張っていただきたいです。
  1. 2013/09/01(日) 01:10:56 |
  2. URL |
  3. TYM #-
  4. [ 編集 ]

TYMさんへ

おひさしぶりです。
応援ありがとうございます。

なかなか創作に手がつかないこの頃です。

この「FALL」という作品は、英国で人気があるらしく、シーゾン2の制作に入っているとのことです。

Xーfileとは異なるジリアンの奔放な魅力と犯人の抑圧された制服願望がものすごいフェティシズムを表現していると感じます。

善や悪ではなく、孤独な人間の内面を描いているところに作家として共感します。

シチュエーション・コントのようにいろいろ書いてきてしまいましたが、こういう作品ならば、また書いてみようかと思わせてくれるドラマで出会えました。
  1. 2013/09/01(日) 07:04:43 |
  2. URL |
  3. JIN #CTh4e51.
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/12/14(土) 19:57:41 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/01/30(木) 00:49:01 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです

お久しぶりです。JINさんお元気でしょうか?
JINさんは今はまだ充電中でしょうか?
JINさんの作品を読みたいですね。まだ
作品発表の時期は未定でしょうか?

僕は当て身はzenピクチャーズというのを見て
楽しんでいます。JINさんの作品がのどから
手が出るほど読みたいです。勝手なことばかり
言ってすみません。

また機会があればJINさんともぜひお会い
していろいろ話したいです。
  1. 2015/07/20(月) 17:08:58 |
  2. URL |
  3. TYM #-
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2015/07/21(火) 15:25:39 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jinnovelist.blog.fc2.com/tb.php/28-467ad8ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

JIN

Author:JIN
当身、腹パンチ、拉致、凌辱などのサディズム、マゾヒズムをアダルト小説として電子出版していただいているJINと申します。

以前、ネット上に掲載していただいた作品群をここにまとめ、作者の紹介といたします。

闇の拳
http://www.net-web.ne.jp/fris/yaminoken.htm

闇の拳2
http://www.net-web.ne.jp/fris/yaminoken2.htm

闇の拳3
http://www.net-web.ne.jp/fris/yaminoken3.htm

このような性癖をお持ちの皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (28)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。