FC2ブログ

JIN'S ROOM

こちらは、主に女性への当身、腹パンチ、拉致、凌辱をメインとする小説家のブログです。 18歳未満の方、現実と妄想の区別のつかない方のご利用はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ご無沙汰をしてしまいました。

なんと、新年、初ブログです。

こういう無精は、なんとかしなければいけません。

とにかく、みなさま、大変、失礼いたしました。

キャッツ・エデン・シリーズの完結篇となる「闇の拳」第3巻が、一部、電子書店で発売されたようです。

そのお知らせは、また追っていたしますが、作者と執筆と出版物という3者は、時間差で追いつ追われつするわけで、その過程で、いろいろと思うところ、気づくことが湧き上がります。

当身、腹パンチメディアというのは、いくつものセオリー、というか、不文律のようなものがあるわけです。

たとえば、悪いのは、常に男である、というような設定。

しかも、それは、ただ悪いのではなく、男しか悪事をせず、女は一貫して被害者であり、相対的な善である、という決まり事のようなものです。

そんなバカな、と。

これだけ社会に女性が進出してきて、社会悪が男性ばかり、というのは、もう通らないでしょう、と。

そういうところから、キャッツ・エデン篇を「闇の拳」シリーズに組み込むことを決めました。

「天空の画廊篇」で、三女が拉致され、行方不明となりました。

三姉妹の絆もすでにズダズタです。

ひどい、という向きもあるでしょうが、彼女たちもまたレオ同様、犯罪者です。

レオは、自分の行う「悪」に微塵も後悔や罪悪感がありません。

それに対して、三姉妹には、どこか中途半端さがある。

そこにつけ入り、3人の仲を分断、互いに憎悪しあう関係にすることは、レオには造作もないことです。

レオにいつか罰が下るとすれば、怪盗を気取り、中途半端な悪事をもてあそんできた三姉妹が、彼に先んじてその罰を受けるのは道理である。

そんな想いで、この完結篇である「偽りの世界」を書きました。

「闇の拳」全エピソード中、これほど集中して書いた作品はなかったかもしれません。

当身、腹パンチだけでなく、三姉妹への性裁についても、可能な限り、妥協を削ぎ落として書いたつもりです。

このシリーズで、悪女という設定を本格的に考え始めた、という点で、記念となった作品です。

また、こちらで宣伝いたします。

なにはともあれ、今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2013/01/26(土) 08:22:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

PC版「闇の拳 第2巻~天空の画廊篇~」本日発売!

http://www.papy.co.jp/act/books/1-202922/

先日、お知らせしたとおり、今日、電子書店パピレスにて、PC版が発売となりました。

三杉舞、黎、杏は、美貌の三姉妹。表向きは喫茶店を経営しながら、夜には、強くセクシーな怪盗キャッツ・エデンとして父ミゲル・ハインラインが蒐集し、世界に散逸したコレクションを、仇敵クライン・シンジゲートと闘いながら、盗み続けてきた。黎の婚約者の爆死の謎を追い、三姉妹は、アルプスへ飛ぶが……!
 「闇の拳」シリーズ待望の第2弾!


というのが、あらすじです。

今回のレオは、非常にアクティヴ。
日本からヨーロッパまで飛び、当身、凌辱三昧を繰り広げます。

本作は、次作となる「闇の拳 第3巻~偽りの世界篇~」の前篇となる予定。
それだけでなく、いつもは寡黙なレオが、悪の定義を語るなど、作者にとってもレオにとっても思い入れの強いシーンがいくつもあります。

なんにしても、スケールの大きな作品に仕上がりました。

ご愛顧の程、よろしくお願いいたします。
  1. 2012/11/29(木) 17:22:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ケータイ版「闇の拳~天空の画廊篇~」本日発売!

notitle.jpg


インクナスのレオが帰ってきた!

ケータイ版の電子書店パピレスで、本日発売です。

この「天空の画廊篇」は、次に発売になるはずの「偽りの世界篇」の前篇となります。

今回のレオは、日本を飛び出し、海外で大活躍・・・いや、大暗躍します。

本作は、もともと特別篇として書いたもので、非公開作品だったのですが、出版されることになりました。
したがって、オペレーション・ペルセポネや第1巻からの続きではなく、それを期待されていた愛読者のみなさまには、申し訳ないです。
そのあたりは、また、いつか、ということで。

PC版も近日発売予定(のはず)。

本作についてのお話は、PC版発売の折りに。

まずは、ご紹介まで。

ご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。
  1. 2012/11/27(火) 22:16:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マロンさんと一撃さんのご紹介

・・・などとタイトルをつけてから、いや、お前が紹介するまでもなく、みんな知っているから、という幻聴に襲われました。

同じ性癖をお持ちのみなさまなら、もう、ごぞんじですよね。

マロンさんと一撃さんは、ともに絵師さんです。

マロンさんは、絵全体から噴き出るような迫力のある画風の持ち主。

一撃さんは、精緻と躍動を巧みに融和させ、バランスよく配置できる方。

お互い同じ性癖を持ちながら、異なる魅力がある実力派のおふたりです。

書けない時や、もう、こんな作品、書くの止めようと思った時、おふたりの作品にどれだけ救われたか、わかりません。

生み出すものがいなければ、楽しめない。

生み出す力を持った者たちが、自分の性癖を隠し、生み出すことをやめてしまったら、自分も他者も苦しいばかり。

そのことをおふたりから教えられ、そのたびに立ち上がって、筆を執る日々だったように思います。

おふたりに感謝の気持ちを込めて、ブログを書こうと思ったものの、ぱっとしない内容であることをお許しください。

マロンさんと一撃さんのサイトをリンクさせていただきました。

このブログにお越しくださる方々は、ぜひとも、リンクからおふたりのサイトへと飛んで、異なる表現世界の妙をご堪能ください。

  1. 2012/11/26(月) 08:06:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

PC版「女影同心」、本日発売!

昨日、ケータイ版発売のお知らせをしたばかりですが、なんと、本日、PC版も発売になりました。
だいたい、こういうタイミングでケータイとPCは、発売日が連動するんですよね。

1-201523-c200.jpg


http://www.papy.co.jp/act/books/1-201523/

「女影同心」

紹介文をお読みいただければ、「ああ、あの作品のオマージュか」とおわかりいただける方は多いでしょう。


たとえば、「闇の拳」の主人公レオが当身、拉致を行う女性は、これまでは、そのほとんどが平凡な女性ばかりでした。

格別の犯罪者というわけではないです。

しかし、仮に女性の犯罪者、それも正義の名のもとに暗殺稼業をなりわいにしてきた女がいたとしたら、その女の罪は、正義の名のもとに許されるのか。

私刑による殺人は、赦されるものなのか。


以前からあたためてきた、こういう構想を、ようやくかたちにできたのが本作です。

上記のように書きますと、「萌え」にくいのか、と思われるかもしれませんが、そこは、ぼくの作品。

当身、腹パンチ、拉致、凌辱という「必須要素」は、しっかりと押さえたつもりです。

ちなみに入稿済みで、発売を待っている作品3作のうち、2作が、この路線。


これからは、当て落とされる女性が犯罪者であるという設定も、少しずつこなせるよう精進するつもりです。


いえ、それ以前に、ブログをちゃんと定期的に更新できる立派な人に、まず、ならねば・・・ですね。


文末になりますが、本日付の電子書店パピレスの週間チャートにて、拙作「美女の秘拳」が第8位に入りました。


拙作ともども、今後ともJINをよろしくお引き立てのほどを。

  1. 2012/11/15(木) 23:00:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

プロフィール

JIN

Author:JIN
当身、腹パンチ、拉致、凌辱などのサディズム、マゾヒズムをアダルト小説として電子出版していただいているJINと申します。

以前、ネット上に掲載していただいた作品群をここにまとめ、作者の紹介といたします。

闇の拳
http://www.net-web.ne.jp/fris/yaminoken.htm

闇の拳2
http://www.net-web.ne.jp/fris/yaminoken2.htm

闇の拳3
http://www.net-web.ne.jp/fris/yaminoken3.htm

このような性癖をお持ちの皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (28)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。